探偵調査会社を選ぶポイント

探偵調査会社を選ぶポイント

POINT 1 公安委員会へ探偵業としての届出があること

平成18年「探偵業の業務の適正化に関する法律」が定められ、探偵業者は都道府県公安委員会へ届出書を掲示する義務があります(4条)
探偵業届出証明書があることが必須条件です。
ミライへ探偵業届出証明書は事務所内の壁面に原本を掲示しております。

POINT 2 事務所が実在すること  

実際に事務所まで出向き、事務所が存在していることを確認してください。
喫茶店などで待ち合わせを指定された場合には、注意が必要です。
料金を受け取った後、連絡が取れなくなるなどのトラブルが報告されています。 ミライヘ探偵事務所は、春日井市白山町のビル2階に事務所を構えております。ご相談者様が気兼ねなくご来所いただけるよう、大きく看板に探偵事務所とは敢えて掲載せず、ミライヘと掲げております。
駐車場も完備しておりますのでお車でお越しの際は、ご利用ください。

POINT 3  担当者の身元が明確であること

代表者や相談員に身分証の提示を求めた際、応じない場合は要注意です。
ミライヘ探偵事務所では、名刺及び身分証を提示し、本名であることを証明した上で、皆様のご相談に責任を持って対応しております。
ご相談内容をしっかりとお伺いし、強引な契約はいたしません。
調査内容、御見積金額をじっくりとご考慮した上でご納得いただけましたら、ご契約及び調査へ移ります。一度お持ち帰りいただいてからのご判断でも、もちろん構いません。

POINT 4 料金が適正であること

ホームページに記載されている料金と見積書が一致しているか、しっかりと確認してみて下さい。 ホームページでは低料金を謳っていても、面談時に「調査員の数を増やされる」「車両代・GPS・撮影機材代などといった追加料金を請求される」「調査終了後に契約には無かった成功報酬を請求される」といった事例が報告されています。
反対に驚くほど安い見積もりを出してくる探偵社は、調査をしないで虚偽の結果を報告するか、後で追加料金を請求してくる可能性があります。
見積書に疑問を持った際には決してうやむやにせず、納得のいく形で契約を交わすようにしてください。
ミライヘ探偵事務所の調査料金は当ホームページに記載通り(基本料金+消費税)であり、契約書に記載の無い追加料金(車両代・GPS・撮影機材代など)を請求することはございません。
調査の状況により追尾、出張、調査対象者と同じ施設に入る入場料等、予め予測出来ない行動に対する調査が発生した場合でも必ずご依頼者のご判断を仰いでからの調査を致します。
ですので、知らないうちに契約時の費用から加算される事は絶対にございません。

POINT 5  見積書・契約書・領収書など書面に残してくれること   

重要事項説明書・見積書・契約書・領収書など契約上の書類は大切です。
契約書類等の写しは必ず受けとり、大切に保管してください。万が一、トラブルに発展した際に必要です。
ミライヘ探偵事務所では、重要事項説明・御見積書・契約書・着手金の領収書等のご依頼者様の控えを必ずお渡ししています。

POINT 6  弁護士と連携していること

自分に納得できる形で問題を完全に解決する為には、法的に確実な知識を持ち、自分の意向を代弁してくれる弁護士の存在が必要不可欠です。
相手方との交渉や調停における手続代理人としての活動は、唯一、弁護士でなければ出来ません。
ご依頼者様がかかえる諸問題に強い、弁護士と連携していることが重要です。

POINT 7 信頼できる相談員がいる探偵調査会社であるか

上記の各項目は、いわば探偵調査会社として当たり前の内容ではございます。愛知県内だけでも多くの探偵、調査、興信所などが点在してしているなかで、最後はやはり実際に担当者と面談してご相談者様がもっとも「この人に頼みたい」と思う探偵調査会社でなければなりません。
大手探偵調査会社から小規模な探偵調査会社に関わらず、そんな探偵調査会社に出会うことが大切です。ホームページ上では決してわからないことでもあります。 もしも、契約・報告内容等に納得がいかない際は、警察・消費者保護センター・弁護士へ相談することをお勧めします。

ミライヘ探偵事務所では、ご相談者様が安心して調査をお任せいたたけるよう取り組んでおります。調査前のご相談時はもちろんのことながら、調査中の段階でも気になることがございましたらお気軽にお問い合わせいただける環境作りを心掛けています。

PAGE TOP