浮気調査するメリット

浮気調査するメリット

1.浮気疑念の真実がわかる

一度「浮気しているのでは?」疑問に思ってしまうと、なかなか相手を信じられなくなってしまいます。
疑念をもったまま日々を過ごしていると、疑っている態度が出てしまい、結局夫婦関係がうまくいかずに離婚してしまうというケースもあります。
浮気調査を行い、浮気の事実がなければ、再び相手を信じることができるようになります。
実際に浮気調査を行い、浮気の事実がなかった方から、「夫のことを再び信じられるようになり、以前より夫婦関係が良くなった。調査をして本当に良かった。」というお話しをお聞きします。
また、逆に浮気の事実が判明してしまった場合は、夫婦関係を修復するための対策を考慮したり、離婚や慰謝料の請求に向けて一歩踏み出すことができます。
疑念を抱いて毎日を過ごしているのであれば、真実を知ることにより、不安な日々から前進することができます。

2.夫(妻)や浮気相手に慰謝料を請求できる

浮気(不貞)の証拠があれば、離婚をするしないに関わらず、夫(妻)や浮気相手に、精神的苦痛に対しての損害賠償を請求することができます。
また、浮気相手に慰謝料を請求することで、夫(妻)と浮気相手の関係に亀裂が入り、別れるというケースも多数ございます。
離婚をしない場合は、夫婦関係を一からやり直すこともできます。
また、離婚する場合でも、浮気相手に慰謝料を請求して亀裂が入れば、夫(妻)の思い通りにはいかないようになるケースもございます。

3.浮気をした側からの離婚請求を棄却できる

原則として、有責配偶者(離婚の原因のある方)からの離婚請求は認められません。
その為、夫(妻)から離婚したいと言われている場合でも、浮気が原因の場合は浮気(不貞)の証拠を撮ることにより、その離婚請求を棄却することができます。

4.浮気した側に離婚請求をすることができる

協議離婚をする場合には、お互いに合意すれば離婚することができますが、どちらか一方が離婚に反対している場合には、法定離婚原因が必要となります。
その一つが「相手に不貞行為があった場合」です。浮気が原因で離婚を考えている場合には、浮気(不貞行為)の証拠があれば離婚が認められます。
もちろん、離婚の際に不貞行為を行った側や浮気相手に慰謝料を請求することもできます。

5.離婚の条件が有利になる場合がある

法的な根拠はありませんが、浮気(不貞行為)の証拠があることにより、浮気(不貞行為)を行った側が引け目を感じて、財産分与・養育費・慰謝料等の額が有利になる場合もございます。

6.不倫(浮気)関係を終了させる

夫婦関係修復の為に、どのような人物か等を把握して話し合いを行い、不倫関係を精算させることができます。
単に問い詰めても認めなかったり、逆切れされたりする事が多いので、話し合いの前にきちんとした証拠をつかみ、浮気相手が誰なのかを特定して話し合いをすることにより、不貞行為を行った側も素直に認めて浮気相手と別れるケースも多数ございます。
もちろん、この場合も浮気相手に慰謝料を請求することができます。

7.浮気(不貞行為)の証拠がお守りとなる

浮気(不貞行為)の証拠を掴んだあとは、すぐに離婚や慰謝料請求などの行動に移す必要はありません。 浮気の事実を知ったときから3年間有効となりますので、今後夫婦関係が悪化した場合に備えて、切り札として取っておくこともできます。 また、離婚を考えている方は、財産分与や養育費などの離婚条件を有利にするための準備期間としても使えます。 ただし、3年間を過ぎてしまいますと、慰謝料の請求はできませんのでご注意ください。 浮気の証拠があなたを守る「お守り」となります。

8.性格の不一致という理由で離婚を迫られている

離婚事由で一番多いのが、「性格の不一致」という理由です。
当探偵事務所にご相談に来られる方の中にも、急に性格の不一致で離婚したいと言われている方も多いです。
ただ、実際に調査を行なってみると、本当は浮気(不貞行為)が原因だったケースもみられます。
急に「性格の不一致」を理由に離婚を迫られている場合は、浮気(不貞行為)を疑った方が良いでしょう。
何も知らずに「性格の不一致」で離婚を認めてしまうと、浮気している側や浮気相手の思い通りになってしまいます。
まずは、浮気の事実があるかどうかを調査して、浮気の事実があれば本格的に慰謝料の請求に向けた証拠を収集した方が良いでしょう。

9.ご相談される方は、それぞれ悩みや目的は異なります

探偵社・興信所にご依頼の際には、目的(何のために調査を行うのか)をはっきりと伝えましょう。調査の目的によって調査方法が異なるため、何も伝えずに調査を行うと無駄な調査を行う場合も多く、その分無駄な調査料金が掛かってしまいます。

ミライヘ探偵事務所では、ご依頼者様のご相談をよくお伺いの上、最適な調査方法をご提案いたします。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP